FAQ

戻る
タイトル

[よくあるご質問] 不倫・浮気トラウマ治療は夫婦が一緒に受けるべきですか。

作成者 不倫・浮気トラウマ治療(ip:)

作成日 2021-10-22

閲覧数 37

評点 0点  

おすすめ いいね

内容


不倫・浮気トラウマ治療は夫婦やカップルが一緒にするとより効果的です。

外傷トラウマの治療、傷治療や心理治療の過程で、お互い相乗効果を得られるからです。

 

しかし、片方が治療を拒んだり回避したり、あるいは強制的にやむを得ず渋々治療に臨む場合には、一人でまず先に治療をはじめるほうが良いです。自分が先にの傷治療と心理治療をして、幸福能力を身につけた後、相手に治療の機会を与えるのが望ましいです。

 

不倫をした配偶者が自分の過ちを悟り反省して、心理を治療して幸福に生きようとする意志があるなら、夫婦やカップルが一緒に治療を受けるのが最も良いのですが、意志のない人を無理やり治療を勧める必要はありません。したがって、最初から配偶者と一緒に治療を始めようと考えるよりは、先に苦痛を感じている人のほうから治療を始めてください。自分の治療が進むにつれ相手が自然に治療に興味を持ちはじめる可能性もありますので、無理に説得しようと努力する必要もありません。

 

傷治療や心理治療は夫婦やカップルが一緒に行うことが必ずしも良いとは限りません。双方の問題、もしくは相手の問題によって自分が心理的な苦痛を受けていると、多くの人が相手も一緒に治療するべきだと考えます。相手によって自分が苦痛を受けていると考えるからです。しかし相手に治療の意志がないと、一人ではじめることもできず悩み先延ばしするようになります。治療の必要性は感じていても先延ばしをすると、ストレスと傷は徐々に拡大され心理が悪化し、治療のためにより多くの期間、費用、努力が必要になる結果をもたらします。

 

不倫・浮気トラウマ治療は必ず苦痛を覚えている人のほうからはじめることが重要です。 自分が治療されたあとで相手のことを考えても決して遅くありません。

 

傷治療や心理治療を望んでいる場合、先に自分から治療をはじめ、心理的原因を正確に知り、傷を治療し自尊感情を回復してから相手に治療を勧めても遅くはありません。

添付ファイル

パスワード
修正

パスワードを入力後、修正又は削除をしてください。

コメント修正

お名前

パスワード

内容

/ byte

修正 キャンセル
パスワード
確認 キャンセル

WORLD SHIPPING

PLEASE SELECT THE DESTINATION COUNTRY AND LANGUAGE :

GO
閉じる
TOP